【厳選】東京の探偵事務所 ランキングサイト

TOP > 探偵情報 > 浮気調査はプライバシーの侵害になるのか?

浮気調査はプライバシーの侵害になるのか?

 パートナーの浮気を疑ったときには、不用意に疑いをかけて問い詰めたり、尾行するなど自ら調べようとするのはリスクが高い行動であると言わざるを得ません。勝手にスマホの内容を見たり、外出先の行動を付け回す行為は、二人の関係を悪化させてしまう可能性がありますので注意すべきです。調査のプロである探偵の力を借りることで、日々の生活を平穏に保ったままで、パートナーの浮気の証拠を確実につかむことができますので便利です。結果として浮気の事実がなかったことがわかれば、安心して元の生活に戻ることができますので、浮気の事実が見つからなかったからと言って無駄ではないことに注目してください。また、実際に浮気の証拠をつかむことができれば、復縁や離婚調停の際の説得材料とすることができます。探偵事務所が証拠書類として採用されるように体裁を整えてくれますので安心です。

 浮気調査をプロの探偵に依頼することで、プライバシーの侵害とならないのかといった心配が頭をよぎりますが、探偵業法で規定されている内容に従う限りにおいて問題はありません。つまり、浮気調査を目的として、尾行する行為や、情報収集のために周囲に聞き込みや張り込みをする行為が法律で認められています。当然ながら、あらかじめ依頼者である妻と探偵との間で、正式な契約が交わされていることが必要となります。契約なしでは探偵であっても、個人情報を取得する行為は違法となってしまいます。もちろん、調査の過程で知り得た事実を他の目的のために使うことも、プライバシーの侵害効果となります。探偵には守秘義務やコンプライアンスなどを遵守することが求められており、しっかりとした倫理観をもった業者を選択することが重要であることが分かります。

 女性が探偵に調査を依頼する場合には、心理的なハードルが高いので事務所に出向くことも困難に感じる場合もあります。調査のためには、他人に知られたくない二人の関係や、個人的な情報を伝える必要がありますので守秘義務を遵守してくれることも求められます。そんなときは、女性のカウンセラーが常駐している探偵事務所を利用することをおすすめします。同性であるために話しやすいといったメリットがあるだけでなく、専門の資格を持ったスタッフですので、安心して相談できるのが嬉しいサービスです。依頼者が置かれている現状を詳しく話す必要がりますので、対応してくれる同性のスタッフは心強い味方となります。探偵自身も女性といった事務所もありますので、デリケートな浮気の相談に親身に乗ってくれることが期待できます。

次の記事へ

PAGE TOP